あらすじ

是は、月光かりの如く
闇を背負った
光源氏の物語である。

 いずれのおんときにか…桐壺帝(西岡德馬)の御代。帝には二人の皇子が生まれた。一人は、身分は低いが帝から最も愛されている桐壺更衣(平原綾香)という女性との間に生まれた月の如く輝く光君。いま一人は身分が高く帝第一の后弘徽殿の女御(荒川静香)から生まれた、朱く燃える太陽の如き朱雀君。幼い光君と朱雀君は仲良く遊んでいた。しかし、やがて母の身分の違いにより、朱雀君は皇太子となる。それでも嫉妬深い弘徽殿は、帝に気に入られている桐壺更衣を陰陽師(織田信成)によって呪い殺させる。一人残った光君は、帝から源氏という苗字を賜り、光源氏となる。

 成長した光源氏(髙橋大輔)と皇太子朱雀君(ステファン・ランビエル)は、美しく都を照らす月と太陽となった。孤高の光が生み出す陰影。光源氏は帝のお后、藤壺女御(平原綾香)に母の面影を求めて惹かれて行くが、成さぬ恋。朱雀君には朧月夜(鈴木明子)が寄り添うが、二人に愛は芽生えない。そこに現れた野に咲く紫の花の少女、小さな一輪の花に心惹かれた光源氏は、その少女を育くみ、二人は恋を育んだ。成長した少女は紫の上(ユリア・リプニツカヤ)と名付けられた。

 朱雀君は、その身分と弘徽殿を始め周りの大人たちの為に、自由になれない息苦しさを感じていた。そんな折、垣間見た紫の上を見初めてしまう。一方、弘徽殿は息子の朱雀君を思う余り、ライバルの光源氏を亡き者にしようと企てる。桐壺帝が亡くなり帝となった朱雀君は、紫の上を無理やり手に入れようとして…

 源氏物語の世界の人々が氷艶で新たに歩み始める道。

 狂った歯車に思い悩む朱雀帝、欲に溺れた弘徽殿の為に光の失われた都。光源氏は、流れ着いた明石で海賊松浦(柚希礼音)と出会い、親友頭中将(福士誠治)と共に、失われた光を取り戻そうと都へ向けて立ち上がる。